膿栓治し方紹介

膿栓の治療法、予防法などをお探しですよね。
まずは膿栓というのがなぜできるのかお知らせします。

 

のどの奥には扁桃というリンパ組織があります。
これは普段のどの粘膜に埋まっているので気になることはないかと思います。
扁桃腺というと風邪を引いた時くらいしか気にしませんからね。

 

扁桃には陰窩・いんかと呼ばれる小さな穴が無数にあります。
これ自体はウイルスなどを侵入させないようにする大事な役割があるのですが
この役割が裏目に出て小さい穴に膿栓(のうせん)と呼ばれる食べ物のカスや
死滅した細菌などが蓄積してしまうワケです。

 

膿栓は「におい玉」「口くそ」などと呼ばれ、口臭の一因になってしまいます。

 

膿栓などの口臭の元は「お口の中の環境を整えること」が先決です!

 

■関連記事
口臭を治すも膿栓ができにくくするのも、その場しのぎの方法では、根本的な治療になりません。
体質改善やサプリで、総合的に「自分の息を気にしない」対策をしましょう♪
日本で唯一の「膿栓対策商品」もランクインしています!
>>口臭(膿栓)対策ランキングはこちら

  このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る